申し訳ありませんが、まだデータがありません。

心理的に

トイレの洗面所

カギや盗聴器発見器などにそれぞれ役割があるように防犯カメラにも役割がありますが、先ほどのページで紹介したように防犯カメラには2つ目の機能があります。

2つ目の犯罪を未然に防ぐための存在になる防犯カメラは心理学的にも証明されていて、犯罪を行なうとき、ひとは自然に以上に高揚した精神状態になるか、純麻になるかのどちらかになります。
この精神状態が過剰になるタイプの人間には防犯カメラに見られているというだけで恐れをなします。
なので、防犯カメラを設置する際にはこの2つめの機能も発揮できるような玄関や窓などに設置することが望ましいです。
防犯カメラの中にはカメラの機能がついていないダミータイプの防犯カメラもあり、心理学的な2つ目の機能を利用した防犯グッズとなって存在します。

電波を捉える

ベッドルーム

錠前にはドアや窓を開けるためのカギを持っていないと開けることができないようにすることが重要です。
防犯カメラは犯罪者に二の足を踏ませることや、その現場の映像の証拠としておさえることができるものです。

盗聴器発見器はその名の通り盗聴器を発見するための役割があります。
盗聴器発見とは具体的には電波を捉えるものです。
それは現代の盗聴器は電波を発進するための送信機が殆どだからです。
どこかで隠れている受信機を持った盗聴者は受信機と送信機を通して盗聴をしています。
なので、重要なのは部屋に仕掛けられた送信機の発進する電波を捉えることです。
これができるのが盗聴器発見器になります。

規制できない

ビルの窓

防犯カメラに写った新型の錠前を必死にこじ開けようとしている時代遅れな泥棒が手にしているピッキングの道具ですが、これは一般人がみだらに所持していいものではありません。
カギを開けるための仕事をする人以外が持っている場合は泥棒や犯罪者などです。
ただ、盗聴器発見器などでカンタンに発見されてしまう盗聴器などはお咎め無しの装置であることは一般人にも有名です。

これらは集音器という名目で電器店などで販売されており、インターネットショッピングなどでもカンタンに購入することができます。
盗聴器とは電波を発進したり、受信したりする器械のことで、公共の電波は盗む盗まないの話ができるものではありません。
それが法律の穴であり、盗聴器を規制することができない現状です。

自分で自分の身は守る

駐輪場

まだ何も犯罪者にされていない場合には警察は動いてくれないといったような話は良く聞きます。
少し前の話、全国各地でストーカー事件が相次ぎ、人がたくさん殺されました。ですが、そんな時代でも警察は何も証拠が無くては動いてくれません。
これは民事不介入という摩訶不思議な理論で法律や警察は何もしてくれない理由です。

現在では少しずつそのようなことも改善されていますが、まだまだ自分で自分の身を守ることができなければいけないです。
つまり、防犯の心掛けをしっかりしておかないといけません。
防犯にはそのことに役立つグッズのことをしっかり理解して、その使い方も勉強して使いこなせることができなければいけないです。
それができれば、このような防犯の心掛けがしっかりできていると言い切れます。
これからは防犯について考える場合、防犯は自分の身は自分で守るという考えをもって行動するとよいです。
そこで役立つのが防犯カメラや盗聴器発見器などです。

防犯グッズのイメージ

カメラ

防犯カメラや盗聴器は現実から少しかけ離れたイメージを持たれる方が多くいます。
例えば大企業の100階建てのビルなどにものものしく設置された防犯カメラ、どこかの国の国家機密をつかむために洗練されたエージェントなどが様々なトラップをかいくぐって取り付けをする盗聴器などのイメージがあります。
それほど、大掛かりな想像はまるで映画のようなイメージで、少しおもしろおかしいかもしれませんが、案外身近に盗聴器や防犯カメラはあるものです。

防犯カメラはその名の通り防犯と名前がついているので、ビルやコンビニ、家などで見掛けることが多くあります。
この防犯カメラがあるだけで、少し安心できる気持ちになる方も多いのは事実です。
もし、何かあってもこの防犯カメラがしっかり見ていてくれるので安心できます。